わたしと同じキノコ嫌いな熊本市の薬剤師さん

私はキノコが苦手です。特にしいたけが嫌いです。
食べるのはもちろん、臭いも苦手です。見るのでさえ嫌です。
しかし、栄養満点らしいしいたけは病院食で頻繁に見かけます。

熊大医学部付属病院に入院していた時は、1階にコンビニがありました。
入院中に2回手術を受けたのですが、1回目の手術の次の日、絶食が解除されてお腹すいた中に出てきたものは『きのこ雑炊』・・・。
(術後初めての食事は柔らかいもののみだったので雑炊とお茶だけ)
勿論食べれなったので、お腹を鳴らしながら一人絶食続行でした。

その後は経過もよく、3日後から病院内なら歩いていいと言われたので、病院食に手を付けず、パンやお弁当をコンビにで買って食べていました。
しかし、2回目の手術の時は経過があまりよくなかったので、トイレ以外の移動が禁止になりました。
つまりコンビニ禁止です。
必要な物があれば看護師に伝えてくださいと言われましたが、コンビニのお弁当食べたいなんてとても言えません。

家族に食べ物の差し入れを頼んだ所「いい機会だから栄養を考えてある病院食を食べなさい」と無慈悲な回答。
一週間ほどお風呂に入れずに体を拭くだけだったので、友人からのお見舞いも断っていた為、しぶしぶ病院食を食べることに…。

季節は秋、そう。キノコの季節です・・・。
3食の中の1食に、必ずどこかしらキノコが入っています。
小鉢だったらまだいいのですが、メインのおかずにキノコが入っている時はふりかけでご飯を食べていました。
これからは健康に気を使って入院しないぞ!と決意した瞬間でした。

しかし、健康に気を使っていても入院が必要な時があります。
それは出産。
長い長い陣痛との闘い、安静が解除されて初めてのご飯。
出てきたものは『ちらし寿司』
もちろんシイタケが入っています。
大げさと言われるかもしれませんが、絶望しました。
出産はとても体力が必要で、へとへとの状態でお腹も空いていたのに大嫌いなシイタケ。あんまりじゃないか!
好き嫌いしないのが一番だとは思うのですが、嫌いなものは嫌い。
無理に食べてストレスになるよりも、好き嫌いに多少配慮をしたメニューを出してほしいと思う出来事でした。
例えば食堂見たいにA定食とB定食自分で選べるとか…。
それすると栄養士さんや調理師さんが大変だから叶わなさそうですけどね(笑)

通院中に仲良くなったかかりつけの薬局の薬剤師さんも、わたしのようにキノコ類が全くダメなようです。
仕事もテキパキとし、とっても容姿端麗な薬剤師さんなのですが、そんな方もわたしと同じ好き嫌いがあると聞いて、どこかホッとしたのを覚えています。
【薬剤師求人熊本市】
”もし出産する機会があれば、病院食を選択できる病院へ入院しよう!”と心に決めたようです(笑)